Googlemapで釣りポイントを探す! \ マップはこちら /

【エギング】アオリイカが釣れない時に試すこと5選!その釣り方では一生釣れません!

目次

【エギング】アオリイカが釣れない時に試すこと5選!その釣り方では一生釣れません!

ここ数年で人気急上昇中の釣りエギング。
比較的簡単に始めることができ、女性にも人気の釣りです。
しかし、エギングを始めたが釣れない。。。
釣行には行くが釣れない…

そういったことはないでしょうか…!?
なかなか一杯にたどり着けない、また数釣りをできない…
そんな時に試す事5選を今回は紹介していきます!

・エギのフォールスピードを変える。

おそらく多くの方が、エギングを始めるにあたって色々なエギを買うかと思います。
また、はまっていくにつれ様々なカラーを買いたくなるかと思います。

しかし、エギのローテーションで1番大事な事、それはエギのフォールスピードを変える事です。
同じエギのタイプでエギのカラーを変えることに関してはそこまで釣果につながりません。
もちろん、100%効果がないとは言いませんがあまり意味がないと言うだけです。

私の経験上フォールスピードを変えることにより今まで反応しなかったイカが反応することが多々あります。
Deepエギは深場しか使いませんが、ノーマル•シャロー•スーパーシャローこの3点についてはローテーションして使うことをおすすめします。
深場だからノーマルタイプ。その考え方は捨ててください。
深場でもスーパーシャローを使うことで釣れるイカも確実にいます。

しかしエギは軽ければ軽くなるほど扱いが難しくなり、またアオリイカのアタリも取りづらくなります。
その点を攻略すれば、もう一歩ステップアップすることができます。

ちなみにカラーローテーションをするのであれば、下地付きのものからシルエットが透けたケイムラタイプ等に変更することをおすすめします。

・釣れる潮を探す

釣れる潮を探す。
これはハッキリ言って大変です、笑
場所によっても違うので通わないとわかりませんから、、笑
しかし、オーソドックスな潮の大きく動くタイミングはございます。
それは、潮止まり、つまり満潮•干潮の3時間前または3時間後です。
このタイミングは大きく潮が動くタイミングに当たりますのでヒット率は上がります。
時間をある程度絞ることで、集中力も上がりますので一度お試しください。

・釣れるポイントを探す。

アオリイカの釣れるポイントは必ず存在します。
アオリイカも捕食為に回遊し、または岩陰に身を潜めます。
いわゆる居つきです。
この居つきポイントを探すこと、これが最も重要になってきます。
大体同じポイントに通っているとアオリイカの居着いている場所がわかるようになってきます。
捕食がしやすく、身をひそめやすい場所。それを探す。
これがすごく重要です。

・まずめ時を狙う

まずめは日の出と日の入りの2回発生します。
アオリイカの捕食対象の小魚が、日の入り・日の出を目安にプランクトンを目掛け活性が上がります。
つまり小魚の活性が上がると、アオリイカの活性も上がると言うわけです。
しかし、小魚の活性が上がる。
これは大型魚青物の活性も上がると言うことです。
つまりはアオリイカの天敵としている魚の活性が上がると言うことなので、特に朝まずめ場所によっては青物回遊により全く連れない状態になることがあります。
なので、私がおすすめするのは、夕まずめ。
特に日の入りから2時間。
これが私の考える1番狙い目です。

・ボトムステイ時間を長くとる

こちらは根がかりのリスクがある為上級者におすすめになりますが、活性の低いイカは派手なアクションに反応しない個体がいます。
アオリイカがエギに抱きつく瞬間はフォール中とボトムステイ中です。
つまりは、ゆっくりアクションしボトムステイの時間を長くすることで抱きつく瞬間を長く取る作戦です。
初心者にはあまりおすすめできませんが、根がかりの心配がなくボトムの地形を把握してから試すことをおすすめします。

•まとめ

アオリイカは昔ほど簡易につれなくなり、年々シビアになってきております。
しかし、釣れるパターンを読めばかなりの確率で釣ることが可能になります。
上記に記載した方法一度お試しください。

この記事をSNSでシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる